スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1970年の出来事

二月八日 12時現在薄曇り
昨日テレビで1970年の出来事を放映していました。
覚えて居た事、まったく記憶にない事などあって面白かった。

私にとって1970年は色々な事のあった年だったと思い出しました。
その一、始めて外国に行った事、その事は1970年にアメリカのフラワーデザイナー、ビル・ヒクソン師の東京レッスンを受けた事に始まったのです。
その二、本場のフラワーデザインがどんな環境で生まれたのかと興味を持ち、1973年アメリカ、クリーブランドの教室に3週間のベーシックコースを受けに行きました。英語のできる生徒さんと一緒に。
それから英語もほとんど出来無いのに、一年おきのクリーブランド行きが始まりました。会話ブックと辞書を持って。
その三 1975年ベーシックコースの時の経験が楽しかったので、クリスマス・フラワーショーを見に行きました。
その四 1977年夏、東京で受け持っていた教室の都合がついたので、かねがね受けたいと思って居た、五日間のマスターコースの受講に行きましたが、其の道中とレッスン前の数日の経験が今の生きがいになっているウクライナ模様に出会うきっかけになりました。

それからの事は長くなるので後日に回しますね。



スポンサーサイト

Comment

こんばんは、寒いですね。

1970年、万博の年ですよねー。
私は中学生でした。
陸上部の練習で真っ黒に焼けていましたよ。

アメリカにも何度も行かれたんですねー。
まだ、その一歩を踏み出すのが大変な時代ではなかったでしょうか。
また続きを楽しみにしています。

No title

りょうさんへ
初めての時は羽田出発で生徒さん達の見送りを受けて出発しましたし、日付け変更線を越えた時には色紙をもらい(日航だったので)、途中給油の為ハワイに着陸しました。でも外には出られず、冷房が故障した空港で汗をかいた事も懐かしい思いでです。
非公開コメント

プロフィール

いち子ばーば

Author:いち子ばーば
昭和一桁の好奇心いっぱいのばーばです
十代から洋裁、三十半ばでリボンフラワー四十でフラワーデザイン、四十七歳で出逢ったエッグ・アートが縁でウクライナ刺繍に出会い以来ウクライナ刺繍に夢中です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。